FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Buy a mountain bike  


つい、フルサイズの自転車を買ってしまった。

きっかけは年末の出勤最終日前々日に事務所のスタッフたちに誘われアユタヤのチャオプラヤー川の川沿いレストランで食事をしていた時のこと。

スタッフの一人が、自転車を始めるらしく、

ス: 「MTBを買うから来年はサイクリングに行きましょう」

私: 「MTB持っていないよ」

ス2: 「折りたたみ式自転車でしょう?」

私: 「そうそう」

ス: 「何でもいいですよ」

私: 「OK、では行きましょう」

ス: 「これを買うんです」 
   とスマートフォンでBianchiの画像を私に見せる。

私: 「お、いいね!」

ス: 「ディレーラーはDeoreとAlivioです。」

私: 「いいね!」

ス: 「今プロモーションで1万バーツで売っているMTBもありますよ」 
   とスマートフォンでJamisの画像を私に見せる。

私: 「ほう、Jamisか。それは安いね! タイヤのサイズは?」

ス: 「26です」

私: 「26か…」 
   正直そんなに興味はなかった。この時点では。


食事も終わり家に帰りながら考えていた。
日本の実家に置いてきたMTBに乗りたいなぁ(おぉ、愛しのorangeよ)
※orangeとは英国のMTBブランドで私が過去にフレーム買いして自分で組んだMTB。

日本から送ったら料金はどのくらいかかるのだろう。
きっと高いだろうな~。 でもここタイでMTBを購入するよりは安いかな?
あ、でもその前に輸送手配を頼める人がいないや。
自分は日本に行く予定は今のところ全くないし…

そしてふとプロモーションのJamisが気になり調べてみた。
すると、タイヤは26インチではなく27.5インチであることが判明。
27.5インチは前々から気になっているサイズであったため急に興味がでてきた。

通常価格18000バーツのところを9900バーツ!
ギアは3×8速だが油圧ディスクブレーキが付いている。
Fサスはロックアウトとプリロード調整ができるらしい。
今時まだ8速なんてあるのかと思ったが下位グレードでは結構あるみたい。

バンコクの道路状況からするとロードタイプよりもマウンテンバイクのほうが快適に走れるような気がしていたし、
ここバンコクに住んでいる以上、本格的に山を走るというよりは街中を走ることのほうが圧倒的に多いはず。
そう考えると26インチよりもタイヤ外径が大きな27.5インチならば安物でも十分な気がしてきた。
ま、実際は26インチがどうのこうのではなく、ただ単に27.5インチを体験してみたいというところが最大の理由だ。
逆にいうとこのプロモーションの自転車が26インチだったらここまで興味は持たなかったということだ。

そして翌日の年末最終出勤日前日の12月26日(ちなみに自分はこの日が最終日)、
会社を定時ダッシュし事務所のスタッフとともにアユタヤにある自転車屋に向かったのだった。


141226-1.jpg
自転車屋にて。
リアホイールが縦にぶれいていたので他の展示車のものと交換してもらった。


150102-1.jpg
家で。
未だに外で乗っていない...



自転車屋周辺を少し試乗(購入後だが)してみた。

ちょっと戸惑ったのはブレーキレバーが日本と前後(左右)逆だった。
つまり左レバーがフロントブレーキで右レバーがリアブレーキなのだ。
幼少のころより右レバーフロントブレーキで慣れてきているのでこれにはちょっと困った。
機械式ディスクブレーキならば簡単に左右逆にできると思うが油圧式だとそうもいかない。
ま、慣れるしかないか。

それと、ブレーキが甘い!
なんだこれは。指二本で思い切り握らないとロックしないくらい。
油圧式ディスクブレーキは指一本でロックできるのが普通だと思っていたのだが。
フィーリングも良くない。エアでも噛んでいるのかという感じ。

次に、重い!
26インチに比べホイールとタイヤが大きいからというのもあると思うが、
特にフロントが重くちょっとフロントアップしてみようとしても思うように上がらなかった。
これも慣れの問題か。
でもフロントサスペンションはもっと軽いものに交換したいところだ。

などと言いながら気になって過去のブログを確認をしたら、
実は最後にMTBで山を走ったのは2006年4月だったという事実...
その時に山で吹っ飛び頭から着地してむち打ちになってしまって以降、山には行ってなかったらしい。

うむ、これは自転車が重い云々以前の問題かも知れぬ。
が、そのことは棚に上げっぱなしにしておこう。
スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

Pottering Lumpini park 

日曜日の朝。 そうだ、ポタリングしよう!

妻と子供に11時半に戻るようにと念を押されながら出発。
今回はKHS-F20Rの出番だ。

軽くベンジャキティ公園にでも行ってみようと思っていたのだが、
着いたら公園の中に入れない雰囲気。
何かイベントの準備でもしているみたいにテントなどがずらっと並んでいた。
外から覗いてもよくわからないが、一般人はいない様子。

仕方がないのでルンピニ公園まで足を延ばすことにした。
この時点で多分9時半ごろだったので、のんびり行けばいいか。
ルンピニ公園は10時にならないと自転車は入れないのだ。

ベンジャキティ公園から一旦スクンビット通りに出てスクンビットソイ1の向かい、
Duang Phithak とかいう道を入る。
この道はクルマの交通量が少なく走りやすいのだが、さらにサイクリングロードまである。


141221-03.jpg
自転車道の路面は結構凸凹なので交通量が少ない車道のほうが快適に走れる


141221-02.jpg
サイクリングロードのすぐ脇に線路が見える場所があった
やはり柵などはない


141221-01.jpg


写真を撮って、列車が通ることなどあるのかなと思いながら自転車で走り出したら
踏切の警告音と列車の警笛が聞こえてきた。

え?列車が来るの!?
慌てて先ほどの線路が見える場所まで戻り待ち構えた。


141221-04.jpg
速度はゆっくりだがすぐ近くで通過する列車は迫力がある。 警笛鳴らされまくり。


141221-05.jpg
貨物列車だった
ちょっと近づいて写真を撮ってみた


141221-06.jpg
後姿


のんびり走って行くとちょうど10時にルンピニ公園に到着した。
公園内を様子を見ながらゆっくり走る。
制限速度は20kmみたいだが...
スポーツタイプの自転車で走っている人はほとんど速度超過だと思う。
でもよほど酷くなければ咎められなさそう。


141221-07.jpg
木陰でまったりしてみる


141221-08.jpg
公園内は自転車レーンがあるのでかなり快適に走れる


141221-09.jpg


ちょっといいペースで走行していそうな数台の自転車について行ってみる。
30km/hほどのスピードだ。 

何周か走り11時を過ぎたので帰宅路へ。
家に着いたのはちょうど11時半だった。
素晴らしい!

[edit]

trackback: -- | comment: 0

Pottering Lat Krabang 

以前に、家から最寄りのARLラムカムヘン駅までの場所を確認した。

では次にラムカムヘン駅からARLに乗りスワンナプーム駅の一つ手前、ラートクラバン(Lat Krabang)駅まで輪行をしてみる。

なぜラートクラバン駅なのかというと、実はスワンナプーム空港の周りにあるサイクリングロード「Green lane」を走ってみたいのだ。
クルマがあれば簡単な話だが、自家用車はないし(会社で運転を禁止されている)会社のクルマ(ドライバー)も気軽に使える雰囲気ではない。 自走では時間的にも体力的にもツライ。

Green laneは当初、ラートクラバン通りの反対側にしか出入り口が無かったので駅からも遠いなぁ、と躊躇していたのだがインターネットで色々調べていたら英語のページでラートクラバン通りに割と近そうなところにも出入り口ができたとの情報を発見。
それなら持っている自転車は降りたたたみ式だし、ARLで輪行して行ってみようと思うようになったのだった。

出勤日だったが半日勤務と、妻と子供たちはお友達と遊びに行っているため午後からフリーとなったのでラートクラバン駅まで様子を見に行ってみることにした。
何だかんだで出発は15時を回ってしまったが…

本番はKHS-F20Rの予定だけれど、今回は下調べの目的と輪行というものを試してみるため
簡単且つコンパクトに折りたためる Renault FDB-140 で出動。

日本でも輪行の経験は無く、人生初体験でちょっとドキドキ。
といってもすごく遠くに行くわけではなく駅数にして3駅分、
距離はおよそ18kmの移動。


141220-01.jpg
ラムカムヘン駅にてFDB-140を折りたたみ、サイクルベースあさひのハイスピード輪行袋に入れる。


ちなみにこのハイスピード輪行袋は被せて裾を絞るだけなので本当に素早く収納できて素晴らしい。
ただし広げるのは簡単だが専用のケースに入る形・大きさに袋を折りたたむのは少々面倒だ。
袋自体はかさばらないので適当に折りたたんでバッグのポケットに入れてしまうことにした。


141220-02.jpg
駅のホームにて。
乗るのは各駅停車の「シティライン」


141220-03.jpg
ラートクラバン駅に到着。
駅は3階建てになっていて、ここはホームの1階下の2階部分。


141220-04.jpg
ちょっと遠くにお寺が見える


141220-05.jpg
ラートクラバン駅前の通り
ここからラートクラバン通りに出たいのだが道がよくわからない。


141220-06.jpg
このあと無駄に駅周辺を徘徊し、先ほどのお寺の脇を通りラートクラバン通りに出る道を見つけた。


141220-07.jpg
この橋を渡るとラートクラバン通りに出ることができる。


141220-08.jpg
道がよく分からず徘徊していたせいで夕方になってきた。
でも本番で道を探すようなことは避けることができそうで良かった。


141220-09.jpg
ここから今度はまたラムカムヘン駅まで戻り、そこから自走で帰宅。
ラムカムヘン駅に着く頃にはすっかり日も暮れ、フラッシュライトを初めて活用した。


電車への自転車の持ち込みも特に問題ないことも確認でき(事前にARLとMRT(地下鉄)は折りたたみならOKという情報を入手済み。MRTは荷物チェックが厳しそう)、イメージはできたかな。
あとはラートクラバン通りからGreen laneまでの道のりだが、多分何とかなるだろう。


[edit]

trackback: -- | comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。