FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Pottering Sean Seap River - Chan River side road  

前回センセーブ川沿いのサイクリングロードを走った時よりも、もう少し先まで進んでみたいと思ったのでリトライということで。
今回も地図を眺めていて、センセーブから分かれる川沿いも通りながらなるべく川沿いの道を多く走れようなルートを考えてみた。
まぁ、当然ながら実際にはなかなか上手くいかないのだが・・・。

そして、今回はJAMISのマウンテンバイクで出動。
2014年末に購入以来およそ1か月、やっと出番だ。
どんな乗り味なのか楽しみ~!

20150126232620852.jpg
今回はエカマイ通りからペップリー通りに出てセンセーブ川の手前岸のサイクリングロードに侵入。
ラムカムヘーン駅近くでサイクリングロードに入れそうな道をスマホで探しながら適当に走っていると
サイクリングロードへの入り口発見。


Sean seap 20150125-01
午前8時ころ。 まだ陽はそんなに高くないが、もう一時間くらい早く出発したいところ。


Sean seap 20150125-02
少し進むと川の上に作ってある道が出現。 結構いい雰囲気だ。 道幅は狭いけど...
ちなみに奥に見える橋を渡らずに左へ進むと前回非常に苦しんだ「民家の軒先ロード」になるので注意。


Sean seap 20150125-04



Sean seap 20150125-03
花やベンチもあり、のんびりするにも良さそうだ。


Sean seap 20150125-05
ちょっと個性的な雰囲気の家(の塀)。 塀の中はいったいどんな家でどんな人が住んでいるのだろう。


Sean seap 20150125-06
ネコ発見。 くつろいでいるところの写真を撮っていたら寄ってきた。


Sean seap 20150125-07
ネコはいいなぁ、襲ってこないから。 イヌは襲ってくるのがいるから危なくてうかつに近づけない。
この後で実際にイヌに追いかけられたし。



Sean seap 20150125-09
ラップラオ・ソイ・130の手前くらいのところでセンセーブから分かれてチャン(Khlong Chan)という川の川沿いに進む。
橋の手前の「隙間」を左折する...


Sean seap 20150125-10
間違っても川に落ちないように気を付けなければ。


Sean seap 20150125-12


Sean seap 20150125-13
暫く進むと橋が見えてきた。直進できないのでラップラオ通りに出るには川の向こう岸に行かなければならないのだが...


Sean seap 20150125-14
これがまた中々にスリリングな橋で。 たまには壊れるに違いない。


Sean seap 20150125-15
途中川沿いの道はイヌに阻まれ、更に追いかけられて空き地を通り抜け車道に出て逃げてきた。
くっそ~! タイ人が歩いてイヌの横を通っても何でもないのに、自分には威嚇しやがって!

暫く適当に走ると砂利道になり行き止まりとなったが、壁に梯子のような階段がかけてあり壁の向こう側に行かれそうだ。
実際に壁の向こう側から人が出てくるし、自転車を担いでくる人もいるから通れるのかな?
一旦自転車を置いて壁の向こう側に行ってみるとまた軒先っぽい雰囲気だった。
躊躇していたら向こうから歩いてきた人に、「この先は通れるよ」 と言われた。
〇〇〇に出るとか言われたが聞き取れなかった。
一応「行けるんですか?」と再度確認し
「ダーイ・ダーイ・ダーイ!(大丈夫!)」とやけに軽く言われたが、ま、大丈夫だろうと
進んでみることにした。

確かに通れたが...ちょっと恐縮しながら通過した。
その先はイヌのせいで通れなかった川沿いの道に戻ったようだ。


Sean seap 20150125-16
またなんとも趣のある橋に遭遇。
実はこの川は川沿いの道を整備中であちこちで工事をしていた。
なので即席でこんな橋を何本か作って渡しているようだった。
もうしばらくして工事も終わったらもっと快適な川沿いの道になるだろう。
ただし、イヌは減らないだろう...


ラップラオ通りにでてすぐのところは横断できず少し走ったところの横断歩道を渡った。
もちろん横断歩道だからといってクルマが譲ってくれるわけではなく、クルマの流れが途切れる瞬間を見計らって横断歩道を渡るという日本では絶対にあり得ない光景だ。

またチャン川沿いの道を進み途切れたところでラップラオ・ソイ・101?に出てチャン川を渡れる道路を探す。
何度かソイに入っては川向うに行かれず時間も10時を過ぎたのでちょっと焦る。
そして101も行き止まりになる直前のところで渡れそうな道を発見。


Sean seap 20150125-18
砂利道でちょっと不安だが...


Sean seap 20150125-19
橋を渡ると住宅街に出てきた。


Sean seap 20150125-20
住宅街を抜け、また少しチャン川沿いを走り「Pradit Manutham Road」という高速道路下の通りにでた。
この通りにはサイクリングロードがあった。 ちょっとロードバイクでは走りたくないような路面状態だった。
でもマウンテンバイクならマイペンライ!
歩道とサイクリングロードに段差があったりするので、歩道からサイクリングロードに飛び降りたりして遊びながら走れて中々楽しかった。

この道をずっと道なりに行くとエカマイ通りに出るのでそのままちょっと急ぎ気味に自転車を漕ぎ11時15分頃に帰宅。



ところで今回初出動のマウンテンバイク、
最初からとても良かった。
たとえば道路の端や2車線中の左側レーンなどはかなり路面が荒れていてKHSの折りたたみなどでは手が痛くなるほどガタガタと振動があり(小径タイヤだが細いし高圧なので仕方がないが)、かなり嫌な思いをしながら走ることになるのだけど、さすがマウンテンバイク、Fサスやタイヤのエアボリュームなどにより素晴らしく快適に走行できた。
車体価格が安いだけにFサスやコンポーネントなどはかなりショボイ部品を使っているが街乗りだけならそれほど気にならないかな。
でもちょっと遊ぼうと思うとやはりもっと軽い部品にしたいところ。

ま、それは追々ということで。






スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« Cycling Saraburi Chet Khot Pong Kon Sao  |  Pineapple Phulae »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。