FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

Pottering Lat Krabang 

以前に、家から最寄りのARLラムカムヘン駅までの場所を確認した。

では次にラムカムヘン駅からARLに乗りスワンナプーム駅の一つ手前、ラートクラバン(Lat Krabang)駅まで輪行をしてみる。

なぜラートクラバン駅なのかというと、実はスワンナプーム空港の周りにあるサイクリングロード「Green lane」を走ってみたいのだ。
クルマがあれば簡単な話だが、自家用車はないし(会社で運転を禁止されている)会社のクルマ(ドライバー)も気軽に使える雰囲気ではない。 自走では時間的にも体力的にもツライ。

Green laneは当初、ラートクラバン通りの反対側にしか出入り口が無かったので駅からも遠いなぁ、と躊躇していたのだがインターネットで色々調べていたら英語のページでラートクラバン通りに割と近そうなところにも出入り口ができたとの情報を発見。
それなら持っている自転車は降りたたたみ式だし、ARLで輪行して行ってみようと思うようになったのだった。

出勤日だったが半日勤務と、妻と子供たちはお友達と遊びに行っているため午後からフリーとなったのでラートクラバン駅まで様子を見に行ってみることにした。
何だかんだで出発は15時を回ってしまったが…

本番はKHS-F20Rの予定だけれど、今回は下調べの目的と輪行というものを試してみるため
簡単且つコンパクトに折りたためる Renault FDB-140 で出動。

日本でも輪行の経験は無く、人生初体験でちょっとドキドキ。
といってもすごく遠くに行くわけではなく駅数にして3駅分、
距離はおよそ18kmの移動。


141220-01.jpg
ラムカムヘン駅にてFDB-140を折りたたみ、サイクルベースあさひのハイスピード輪行袋に入れる。


ちなみにこのハイスピード輪行袋は被せて裾を絞るだけなので本当に素早く収納できて素晴らしい。
ただし広げるのは簡単だが専用のケースに入る形・大きさに袋を折りたたむのは少々面倒だ。
袋自体はかさばらないので適当に折りたたんでバッグのポケットに入れてしまうことにした。


141220-02.jpg
駅のホームにて。
乗るのは各駅停車の「シティライン」


141220-03.jpg
ラートクラバン駅に到着。
駅は3階建てになっていて、ここはホームの1階下の2階部分。


141220-04.jpg
ちょっと遠くにお寺が見える


141220-05.jpg
ラートクラバン駅前の通り
ここからラートクラバン通りに出たいのだが道がよくわからない。


141220-06.jpg
このあと無駄に駅周辺を徘徊し、先ほどのお寺の脇を通りラートクラバン通りに出る道を見つけた。


141220-07.jpg
この橋を渡るとラートクラバン通りに出ることができる。


141220-08.jpg
道がよく分からず徘徊していたせいで夕方になってきた。
でも本番で道を探すようなことは避けることができそうで良かった。


141220-09.jpg
ここから今度はまたラムカムヘン駅まで戻り、そこから自走で帰宅。
ラムカムヘン駅に着く頃にはすっかり日も暮れ、フラッシュライトを初めて活用した。


電車への自転車の持ち込みも特に問題ないことも確認でき(事前にARLとMRT(地下鉄)は折りたたみならOKという情報を入手済み。MRTは荷物チェックが厳しそう)、イメージはできたかな。
あとはラートクラバン通りからGreen laneまでの道のりだが、多分何とかなるだろう。


スポンサーサイト

[edit]

trackback: -- | comment: 0

« Pottering Lumpini park  |  Pottering Sean Seap side road »

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。